MENU

個人再生に強い法律事務所7選!弁護士費用の相場や4つの選び方を徹底解説

個人再生 法律事務所

「必ず成功するとは限らないと聞くから、個人再生に強い法律事務所を知りたい」

個人再生とは借金を最大で10分の1まで減らしながら財産を残すことができ、成功率は90%を超えます。
参照:司法統計年報統計版

しかし法律事務所選びに失敗すると、費用だけでなく数ヶ月の期間を無駄にしてしまうことも。

そこで本記事では個人再生に強い法律事務所7選を紹介するため、個人再生に強い法律事務所を選ぶことができるでしょう。

この記事でわかることまとめ

別の記事では債務整理におすすめの弁護士・法律・法務事務所を紹介していますので、合わせてご確認ください。

【弁護士法人・響】
減額診断で借金の減額費用をチェック

弁護士法人・響は、全国各地からいつでも借金相談が無料で受けることが可能な法律事務所です。

さらに、弁護士法人・響では債務整理の依頼時に資金の準備が難しい場合も、分割払いで支払いが可能

債務整理後の支払いに不安がある方でも、担当の弁護士がサポートしてくれます。

また、借金相談を受ける前に減額幅を確認できるので、どのくらい借金を減らせるか気になる方は下記のボタンから診断してみましょう。

弁護士法人・響_減額診断

たった30秒で借金の減額幅をチェック!/

この記事の監修者

FP

浜田 政子

プロフィールの詳細

合同会社RunSmile 代表社員
公式サイト:https://run-smile.com/ 

笑顔相続サロン®愛媛 代表
公式サイト:https://egao-souzoku.com/salon-all/#0018

愛媛相続診断士協会会長
公式サイト:https://souzokushindan.com/

目次

個人再生におすすめの法律事務所7選

個人再生におすすめの法律事務所を7社紹介します。

個人再生に強いおすすめ事務所比較表
法律事務所特徴

はたの法務事務所
・分割払い・後払い対応で依頼のハードルは低め!
全国出張可能!
・相談受付は年中無休!
弁護士法人・響
弁護士法人・響
・事務所全体で事案の解決に尽力
24時間・365日、相談受付で全国対応
・相談料0円・分割払い可能
サンク総合法律事務所 LP画像
サンク総合法律事務所
最短当日で、借金の督促をSTOP
・初期費用と相談費用が0円で、分割払いも可能
365日24時間、借金返済問題の相談受付
東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所
・借金問題に関する相談が無料
土日祝日も電話相談可能
・無料法律相談はメールでも可能
earth-law-site
アース法律事務所
・相談実績は3,500件以上
代表弁護士は元裁判官、裁判を通す個人再生に強い
・公式サイトに初めてでも分かりやすい情報を掲載
ベリーベスト法律事務所のLP
ベリーベスト法律事務所
・全国69拠点で拠点数No.1
電話相談24時間受付
・スピーディーな対応に期待できる
アディーレ法律事務所のLP
アディーレ法律事務所
・債務整理の相談実績64万件
・債務整理の相談は何度でも無料
・個人再生以外の債務整理にも対応
・全国65拠点でアクセス◎

「個人再生したいけど、法律事務所をどこも知らない」という方は参考にしてください。

はたの法務事務所|相談費・着手金無料!

出典:はたの法務事務所
項目詳細
個人再生報酬385,000円~
(再生委員に支払う費用としてプラス220,000円~
営業時間平日 8:30~21:30
土日祝 8:30~21:00
電話番号0120-96-3164
地域全国対応

弁護士法人・響のおすすめポイント

  • 分割払い・後払い対応で依頼のハードルは低め!
  • 全国出張可能!
  • 相談受付は年中無休!

はたの法務事務所司法書士歴40年と20万件以上の債務整理と過払い金請求の実績がある法律事務所です。

全国対応しており、出張料は無料。借金相談は年中無休で受け付けており、分割払いにも対応しています。

ただしはたの法務事務所は「司法書士」の事務所であるため、個人再生を依頼するときは「弁護士」と異なり書類作成代理までと制限があります。

弁護士事務所と対応範囲が異なるため、一度はたの法律事務所に無料相談をして依頼するか検討しましょう。

はたの法務事務所の口コミ①
不動産を母のために残すことができた

多重債務をしていました。相談時、亡父より相続した不動産があり高齢の母がそこで暮らしておりました。
片田舎で不動産の価値(時価)は大したものではありませんでしたが、自己破産の手続きの原則では管財人より売却されるところでした。
高齢の母の生活の本拠が奪われることだけは避けたかったので、自己の相続持分相当額を管財人へ組み入れることで
不動産を母のために残すことができ、無事に免責許可決定を得ることができました。

引用:はたの法務事務所
はたの法務事務所の口コミ②
コロナで膨れ上がった借金を解決

新型コロナウィルスの影響で、クビになりました。
派遣だったので、保証もなく次の仕事も見つかりませんでした。
パートでもしようと考えましたが、体調も崩してしまいパートナーもいないため自己破産の手続きを進めることになりました。
膨大な借金から解放されて気持ちが楽になりました。

引用:はたの法務事務所
はたの法務事務所の口コミ③
自分の意向に合う形で提案してもらえた

新型コロナウィルスの影響で、収入が激減し生活費が払えなくなりました。
すぐ元の生活に数ヶ月で戻ると思っていましたが、コロナ終息に目途が立たず
子供もいるため本当に厳しい状態でした。
本来は任意整理も考えましたが、今後の見通しが立たず自己破産の処理を進めてもらいました。
親身に相談の乗って下さり、最後は自分の意向に合う形で進めてもらいありがとうございました。

引用:はたの法務事務所

弁護士法人・響|事務所全体で事案の解決に尽力!

弁護士法人・響|相談料0円・分割払い可能!
出典:弁護士法人・響(ひびき)
項目詳細
個人再生【住宅なし】
着手金:330,000円〜
報酬金:220,000円〜
【住宅あり】
着手金:330,000円〜
報酬金:330,000円〜
営業時間9:00~18:00
電話番号03-6866-0289
地域全国対応

弁護士法人・響のおすすめポイント

  • 事務所全体で事案の解決に尽力
  • 24時間・365日、相談受付で全国対応
  • 相談料0円・分割払い可能

弁護士法人・響は「響グループ」を親会社に持つ弁護士法人で、事務所全体で事案の解決に尽力してもらえます。

弁護士法人・響では個人再生のメリット・デメリットだけでなく、返済が始まったあとの生活に関するアドバイスなどもていねいに説明してもらえます。

また借金や収入の額などから個人再生に限らず、適切と思われる債務整理を提案してもらえます。

相談は24時間365日、全国エリアから受け付け相談料は無料で弁護士費用も分割で支払えますので、まずはお気軽るに弁護士法人・響に相談してください。

弁護士法人・響の口コミ①
親身に対応・指導・指示をもらえた

大変お世話になりました。親身になっての対応・指導・わかりやすい指示・書類の説明ありがとうございました。再スタートを切ることができて心身ともにとても楽になりました。今後の人生で同じことがないように気を付けます。各先生方・事務ご担当の方々には本当に御世話になりました。ありがとうございます。

引用:Google Map
弁護士法人・響の口コミ②
親切な対応に安心感を覚えた

個人再生をしました。何ヶ所か他の所に相談しましたが家を所有してる為、破産しか無いとの解答ばかり。響さんに相談すると家は手放さなくても大丈夫との返事でした。窓口の方が凄く分かりやすく親切に対応して頂き安心感を覚えてお願いすることとしました。
実際の書類の収集は大変な所はありましたが、成立したあとは支払い総額も5分の1となり今後の生活の見通しが立ち、晴れ晴れとした気分です。ありがとうございました。

引用:Google Map
弁護士法人・響の口コミ③
電話対応も丁寧だった

弁護士先生に依頼するのは初めてで緊張しておりましたが、弁護士先生はじめ電話対応の事務の方も丁寧にわかりやすく説明していただき、大変満足しました。また機会があれば依頼したいと思います。

引用:Google Map

親切・丁寧な対応かつ的確な指示や指導も受けたい方は、弁護士法人・響を検討してください。

\相談料0円・分割払い可能!/

サンク総合法律事務所|問合せ・相談実績は27万件以上!

サンク総合法律事務所
出典:サンク総合法律事務所
項目詳細
個人再生記載なし
営業時間9:30〜18:30
電話番号03-6629-7930
地域全国対応

サンク総合法律事務所のおすすめポイント

  • 最短当日で、借金の督促をSTOP
  • 初期費用と相談費用が0円で、分割払いも可能
  • 365日24時間、借金返済問題の相談受付

サンク総合法律事務所は全国から無料相談が可能で、問合せ・相談実績は27万件以上の実績のある法律事務所です。

24時間365日借金返済に関する相談を受け付けており、相談前に匿名かつ無料で減額診断を利用することができます。

また、最短当日で借金の督促を止めてもらうことが可能です。

まずは無料診断ツールを利用し、サンク総合法律事務所無料相談することをおすすめします。

サンク総合法律事務所の口コミ①
面談で丁寧にヒアリングしてもらえた

こちらに相談して本当に良かったです。
訪問時にエレベーターを止めて待ってくれていた方がサンクさんの先生だったようで案内までしてくださいました。
面談では丁寧にヒアリングしていただき、優しいお言葉まで掛けてくださって気持ちがすっと楽になりました。
堰を切ったように涙が出てきます。返済はまだまだこれからですが、この機会を無駄にすることなく頑張ります。
事務員さん、弁護士の先生この度は誠に有難うございました。引き続き宜しくお願いいたします。

引用:Google Map
サンク総合法律事務所の口コミ②
打開策を一緒になって考えてくれた

とても親切、丁寧にお話しされて、こちら側に寄り添うような気持ちで聞いて下さいました。1番良い打開策を一緒になって考えて頂き感謝しています。これからもよろしくお願いします。

引用:Google Map
サンク総合法律事務所の口コミ③
丁寧に進めてもらえた

最初はまだ悩んでいたので不安でした。皆さんが丁寧に進めてくれてので難なくお世話になることになり最終の弁護士さんとのお話でも、とても気さくな話し方で安心出来たのが良かったです。

引用:Google Map

丁寧な面談と最適な打開策を提案してもらえるサンク総合法律事務所に、個人再生の依頼を是非検討してください。

\家族に知られたくない方におすすめ!/

東京ロータス法律事務所|電話相談は無料、土日祝日も対応!

東京ロータス法律事務所 LP画像
出典:東京ロータス法律事務所
項目詳細
個人再生着手金:330,000円
報酬金:330,000円
諸費用:55,000円
住宅ローン特則有:110,000円
営業時間10:00~20:00
電話番号0120-316-715
地域全国対応

東京ロータス法律事務所のおすすめポイント

  • 借金問題に関する相談が無料
  • 土日祝日も電話相談可能
  • 無料法律相談はメールでも可能

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、債務整理に関して全国対応している法律事務所です。

ただし、個人再生を行う場合は東京の事務所へ行く必要があるため、遠方の方は注意が必要です。

借金問題に関する相談は無料電話だけでなくメールでの問い合わせも受け付けています。

電話相談は平日だけでなく土日祝日も対応しているため、ご自身の相談しやすい時間帯に連絡してみましょう。

東京ロータス法律事務所の口コミ①
メリット・デメリットどちらもきちんと話してもらえた

私は森さんという方に電話相談受けてもらいました。
とても分かりやすくメリット、デメリットをお話くださって相談してよかったと安心しました。

今まで相談してきたどこの誰よりもロータスの森さんは優しく丁寧な対応でした。

今後ともよろしくお願いします。
ありがとうございました。

引用:Google Map
東京ロータス法律事務所の口コミ②
電話対応が良かった

電話対応も良かったし、他の事務所で断られた内容もキチンと対応していただけました。おすすめです。

引用:Google Map

メリットだけでなくデメリットについてもしっかり説明を受けたい方は、弁護士法人東京ロータス法律事務所を検討してください。

\7,000人以上の受注実績!/

アース法律事務所|元裁判官の弁護士、裁判所を介する個人再生手続きに精通!

アース法律事務所|3,500件以上の相談実績!
出典:アース法律事務所
項目詳細
個人再生【住宅なし】
着手金:330,000円~
【住宅ローン特例あり】
着手金:440,000円~
営業時間10:00~19:00
電話番号03-6383-2430
地域全国対応

アース法律事務所のおすすめポイント

  • 相談実績は3,500件以上
  • 代表弁護士は元裁判官、裁判を通す個人再生に強い
  • 公式サイトに初めてでも分かりやすい情報を掲載

アース法律事務所は元裁判官の弁護士が借金問題の解決にあたるため、裁判所を介する個人再生手続きに精通しています。

相談実績は3,500件以上。

また、初めて債務整理をする方向けに公式サイトで債務整理について詳しく解説されているため、事前に知識を得ることができます。

電話相談は土日祝も対応しており、無料メール相談は24時間受付ていますので、まずはアース法律事務所に相談しましょう。

アース法律事務所の口コミ①
無理のない方法で対応してもらえた

債務整理でお世話になりました。失業時期と重なり、色々相談させて頂きました。困った事や状況を説明すれば、無理のない方法で対応してくれます。

引用:Google Map
アース法律事務所の口コミ②
依頼者の負担を軽くする努力をしてもらえた

事務員さんは手厳しいことも言うことはありますが、それも手続きを行う上で必要な書類などを一刻も早く集めて依頼者の負担を軽くしようとして行っているものだと思います
ここへ相談してよかったです大変お世話になりました

引用:Google Map
アース法律事務所の口コミ③
分かりやすい説明をしてもらえた

分かりやすい説明に相手の事を考え対応してくれます。
この事務所に相談してよかったです。

引用:Google Map

無理なく返済を行いたい方は是非アース法律事務所に相談しましょう。

公式サイト
https://earth-lawoffice.net/

ベリーベスト法律事務所|全国69箇所で拠点数No.1

ベリーベスト法律事務所のLP
引用:ベリーベスト法律事務所
項目詳細
個人再生【住宅なし】
基本報酬:495,000円
事務手数料44,000円
【住宅あり】
基本報酬:605,000円
事務手数料44,000円
営業時間【東京オフィスの場合】
平日9:30-21:00
土日祝9:30-18:00
電話番号0120-170-316
地域全国47都道府県

ベリーベスト法律事務所のおすすめポイント

  • 全国69拠点で拠点数No.1
  • 電話相談24時間受付
  • スピーディーな対応を期待できる

ベリーベスト法律事務所は全国47都道府県に69の事務所を構え、拠点数No.1の法律事務所です。

「大手事務所の方が安心して利用できる」という方にはベリーベスト法律事務所をおすすめします。

電話相談は24時間受け付けているので、夜や早朝しか時間を作れないという方も相談しやすいです。

またメールでも相談できるため、自分に合った方法を選択可能。

匿名相談にも対応しており、個人情報を知られたくない方でもまずは相談できます。

債務整理の相談は何度でも無料なので個人再生について分からないことがあれば、繰り返し相談し疑問を解決してから依頼可能です。

さらにベリーベスト法律事務所には多くの弁護士が所属するため、スピーディーな対応が期待できます。

依頼後すぐに督促が止まったという事例もあるため「督促に悩んでいる」「数ヶ月借金を滞納しており、差し押さえが不安」という方にもおすすめです。

Google Mapの口コミを見ても「寄り添って相談に乗ってもらえた」と評価されています。

ベリーベスト法律事務所の口コミ①
寄り添って相談に乗ってもらえた

借金で何年も苦しんでいて何度か他の弁護士さんに相談の電話をしたのですが、結構冷たい対応だったので最初は中々踏み出せませんでした。 ですが、こちらの弁護士事務所様の方を見付けまして連絡した所、かなり寄り添って相談に乗って頂きました。 少しややこしい部分もありましたが、上手くやって頂いて本当に助かりました。

引用:Google Map
ベリーベスト法律事務所の口コミ②
根気よくこちらの話を聞いてくれた

債務のことでベリーベスト法律事務所に相談しようと思ったのですが(中略)根気よく聞いて下さいました。過払い金が戻ってくると聞いたときは、本当かな?と思いましたが、今ではもっと早く相談すれば良かったなと思いました。本当にありがとうございました。

引用:Google Map
ベリーベスト法律事務所の口コミ③
信頼できる先生だった

とても懇切丁寧なご対応をいただきました。右も左もわからず不安な中でご相談をしましたが、明朗で爽やか、かつ寄り添った態度でしっかり話を聞いていただいて、安心すると同時にとても信頼できる先生だと感じました。

引用:Google Map

「夜しか時間がない」「早く解決したい」という方はベリーベスト法律事務所にぜひ相談してみましょう。

アディーレ法律事務所|相談が何度でも無料

アディーレ法律事務所のLP
引用:アディーレ法律事務所
項目詳細
個人再生相談料:無料
【住宅なし】
弁護士費用:462,000円
申立事務手数料:55,000円
【住宅あり】
弁護士費用:550,000円
申立事務手数料:55,000円
営業時間9:00〜22:00
電話番号0120-316-742
地域全国47都道府県

アディーレ法律事務所のおすすめポイント

  • 債務整理の相談実績は64万件
  • 債務整理の相談は何度でも無料
  • 個人再生以外の債務整理にも対応
  • 全国65拠点でアクセス良好

アディーレ法律事務所は所属弁護士220名以上の大手法律事務所です。

債務整理の相談実績は64万件を超え、債務整理の確かなノウハウと実績があります。

債務整理の相談は何度でも無料なため、個人再生について疑問があれば何度でも相談して疑問を全て解決してから依頼が可能です。

「個人再生について分からないことがある」という方はぜひ相談してみましょう。

また個人再生以外の債務整理にも対応しているため、相談の結果個人再生が合わないと判断されても他の債務整理を依頼できます。

さらに全国47都道府県に全国65拠点を構えているため、アクセスも抜群です。

自宅から通いやすい法律事務所を探している方におすすめします。

最短10秒で自分に合った債務整理が分かる「債務整理診断」も行なっているので、個人再生が自分に合っているか分からないという方は診断してみましょう。

アディーレ法律事務所の債務整理診断
引用:アディーレ法律事務所

Google Mapの口コミを見ても「説明がわかりやすくて頼もしい」「丁寧に相談してもらえた」と好評です。

アディーレ法律事務所の口コミ①
説明がわかりやすくて頼もしい

弁護士さんもスタッフさんもお若いが、説明が解りやすく頼もしい。相談して良かったです。

引用:Google Map
アディーレ法律事務所の口コミ②
丁寧に相談に対してもらえた

今回契約には至りませんでしたが、大変丁寧に相談にもご対応して頂けました。法律相談が初めてでもとても話しやすい雰囲気で、迷っている方にはお勧めできると思いました。

引用:Google Map
アディーレ法律事務所の口コミ③
命を捨てずに済んだ

命を捨てずに済んだ。

引用:Google Map

「借金の返済ができずに生活も困窮している」という方は、相談無料のアディーレ法律事務所にまずは相談してみましょう。

個人再生に強いおすすめの法律事務所を選ぶ4つのコツ

個人再生に強いおすすめの法律事務所を選ぶ4つのコツは下記です。

「個人再生に強くない有名法律事務所をネームバリューだけで選んでしまう」といった失敗を避けるためにも参考にしてください。

個人再生を含む債務整理に強い法律事務所を選ぶ

個人再生を考えている方は、個人再生を含む債務整理に強い法律事務所を選びましょう。

「離婚問題に強い事務所」「労働問題に強い法律事務所」というように、法律事務所はそれぞれ得意な相談内容が異なります。

評判が良い法律事務所が必ずしも債務整理に強いわけではありません。

相談件数・受任件数・解決実績などを確認して、その法律事務所が債務整理に強いのかをぜひ確認してみてください。

また、個人再生を検討している方でもさまざまな要因により他の債務整理を勧められる可能性があります。

債務整理のすべての手続きに対応している法律事務所がおすすめです。

債務整理とは何か詳しい情報についてはこちらの記事にてまとめています。ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
債務整理とは?どんな種類があるの?メリット・デメリットについてもわかりやすく解説 債務整理とは貸し手・借り手の合意の上、借金を減額したり返済期間を延長することによって借金の返済をできるようにする債務救済の一つです。 債務整理には「任意整理」...

司法書士と弁護士はそれぞれメリットあり!自分に合った方を選ぼう

個人再生は司法書士弁護士に依頼することが可能ですが、それぞれにメリットがあるため自分に合った方を選びましょう。

個人再生を司法書士を弁護士に依頼した場合のそれぞれのメリットは次の通りです。

依頼先司法書士弁護士
メリット依頼費用が安く済むケースが多い・本人の代理人となり弁護士の名義で申し立てできる
・金額にかかわらず依頼できる
・トータルコストが安く済むケースもある
デメリット・トータルコストが高くなるケースもある
・個人再生の申し立ては自身で行う必要がある
・140万円以下の案件しか依頼できない
依頼費用が高額になる傾向がある

一般的に法律相談・書類作成・その他サポートを主な業務とする司法書士は弁護士と比較して依頼費用が安いです。

しかし、本人の代理人にはなれないため個人再生の申し立ては自身で裁判所に行う必要があります。

また裁判所への同行ができず、140万円以下の案件しか受任できません。

一方で弁護士は本人の代理人となり弁護士の名義で申し立てできるため、裁判所に出頭せずに手続きが可能です。

また金額にかかわらず依頼でき、トータルコストが安く済むケースもあります。

ここで重要になるのが「個人再生委員」の仕組みです。

個人再生委員とは?

個人再生委員は個人再生手続きにおいて債務者の財産・収入の状況調査や再生計画案の作成について指示をする目的で裁判所から選任される者です。

個人再生委員は個人再生手続きに精通した弁護士が選任され、司法書士への費用とは別途に個人再生委員の費用が発生します。

個人再生委員への費用は15万円〜25万円程度です。

また個人再生委員との面談が必要になるだけでなく、個人再生手続きの開始が長引き、手続きにかかる期間も長引きやすいといわれます。

個人再生委員の選任の有無は裁判所の判断により、地域によっても異なるのが注目するべき点です。

例えば東京地裁では弁護士申し立ての場合にも個人再生委員が選任されます。

一方で神奈川埼玉の裁判所では、弁護士申し立ての場合に限り個人再生委員は選任されません。

こういった地域では弁護士を利用することで個人再生委員の選任を防ぎ、手間・時間といったコストを抑えることが可能です。

ただし東京地裁のように必ず個人再生委員が選任される場合においては、トータルコストは高くなります。

手数料や報酬が予算内でおさまる事務所を探す

金銭的負担を増やさないために、手数料が報酬が予算内でおさまる事務所を探しましょう。

司法書士・弁護士事務所に依頼した場合の手数料や報酬などの費用は、事務所によって10万円〜20万円の開きがあります。

令和2年の「司法統計年報統計版」によれば、個人再生の成功率は以下のように高いです。

  • 小規模個人再生事件※1:約93.2%(12,064件中11,948件)
  • 給与所得者等再生事件※2:約98.3%(777件中764件)

※1:個人商店主や小規模の事業を営んでいる人などを対象とした手続
※2:サラリーマンを対象とした手続

必ず成功するとはいえないため、個人再生を含む債務整理に強い法律事務所を選ぶことをおすすめします。

しかし費用が予算を超えてしまう事務所に無理に依頼する必要はないでしょう。

司法書士で30万円前後、弁護士で50万円〜60万円の相場の料金でも支払うのが難しい場合、費用の分割払いが可能な事務所がおすすめです。

他の記事にて債務整理の費用について詳細を纏めています。ぜひ合わせて確認してください。

登録している弁護士や司法書士の実績をチェックしておこう

気になる事務所を見つけたら利用を決定する前に、登録している弁護士や司法書士の実績をチェックしましょう。

公式サイト内で実績が記載されていない場合は所属弁護士・司法書士の紹介ページから名前をコピーしてGoogle検索するのがおすすめです。

弁護士ドットコムやその弁護士・司法書士が関わる他のサービスがヒットすれば、より詳しくその弁護士・司法書士のことを知れます。

「信頼できる弁護士・司法書士なのかを知りたい」という方には次の2つのサービスで本名を検索してみるのもおすすめです。

債務整理の個人再生とは?法律事務所を選ぶ前に知っておきたいメリット・デメリット

個人再生のメリットとデメリット

個人再生は借金の減額と返済期間の延長を行う手続きです。

個人再生手続とは,借金などの返済ができなくなった人が,全債権者に対する返済総額を少なくし,その少なくなった後の金額を原則3年間で分割して返済する再生計画を立て,債権者の意見を聞いたうえで裁判所が認めれば,その計画どおりの返済をすることによって,残りの債務(養育費・税金など一部の債務を除く)などが免除されるという手続です。

引用:裁判所

個人再生の申し立てから認可決定までの手続き期間は「半年〜8ヶ月後」が目安になります。

ここでは個人再生のメリットデメリットを紹介。

※リンクをタップすると該当の見出しにジャンプします

「メリットを理解しておらず、利用を迷ってしまう」「デメリットを理解せずに利用してしまう」ことがないように参考にしてください。

メリット

個人再生の大きなメリットは下記の3つです。

  • 債務が減額される
  • 自己破産とは異なり、住宅や車などの財産を残せる
  • 手続き開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえなど)ができなくなる

個人再生のメリットの1つは債務が減額されることです。

個人再生の申し立てが認可されると以下のように最低弁済額が決定され、債務が減額されます。

区分最低弁済額
小規模個人再生の場合(A)100万円以上500万円以下の人・・・・・・100万円
500万円を超え1500万円以下の人・・・・・・総額の5分の1
1500万円を超え3000万円以下の人・・・・・・300万円
3000万円を超え5000万円以下の人・・・・・・総額の10分の1
給与所得者等再生手続の場合Aで算出される額と可処分所得2年分と比較して多い方の金額
参照:裁判所

ただ「清算価値保証原則」により弁済額は変動することがあります。

清算価値保証原則とは?

個人再生の手続き時に保有する財産の総額を「清算価値」といいます。

現金・有価証券・家・車などはその資産価値が清算価値として計算されます。

個人再生が認可された場合の返済総額は清算価値以上でなければなりません。

これが清算価値保証原則です。

例えば借金総額が200万円の場合、最低弁済額の基準では弁済額は100万円になります。

2つ目のメリットは住宅や車などの財産を残せることです。

前述のように住宅や車を残すことで弁済額が大きくなることはありますが、清算価値が最低弁済額の基準による弁済額を下回る場合には影響はありません。

手元に残す財産を柔軟に決められます。

3つ目のメリットは手続き開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえなど)ができなくなることです。

個人再生の申し立て後に裁判所が「個人再生手続き開始決定」を出すと、給与差し押さえなどの強制執行が停止されます。

ただし個人再生委員が選出された場合などは、開始決定までに1ヶ月程度の時間がかかるケースもあるでしょう。

「今月の給料差し押さえを回避したい」といった場合、個人再生の申し立て後に開始決定が出るまでに「強制執行中止命令」を申し立てましょう。

個人再生の手続きを進める「申立裁判所」と給与の差し押さえを強制執行する「執行裁判所」は異なります。

いずれの場合でも執行裁判所に対して、給与の差し押さえを停止するように求めなければなりません。

▼自己破産のメリットやデメリットの詳細はこちら
>>自己破産とは?メリット・デメリットを世界一簡単に解説!破産後どうなるかも独自調査

デメリット

個人再生のデメリットは下記の4つです。

  • ブラックリストに載る
  • 官報に掲載される
  • 保証人に影響がある
  • 手続きが複雑になる

個人再生の1つ目のデメリットはブラックリストに載ること(自己情報が信用情報に載ること)です。

5〜10年は個人再生を行なったという記録が残るため、新たな借入れやクレジットカードの利用ができません

2つ目のデメリットは官報に掲載されることです。

個人再生は全ての再検査が手続きの対象となります。

債務者の情報や手続きのスケジュールを官報に載せて、全ての債権者が参加できるようにするのが官報への掲載の目的です。

しかし、自分の周りの一般の方が官報を見ることは稀でしょう。

個人再生の事実や名前・住所などが掲載されますが、官報が原因で周囲の方に個人再生を知られてしまう可能性は低いといえます。

3つ目のデメリットは保証人に影響が出ることです。

保証人がついている債務がある場合、債権者から保証人(連帯保証人・連帯責務者)に対して債務者に代わって請求がいく恐れがあります。

4つ目のデメリットは手続きが複雑になることです。

特に清算価値の計算や再生計画案の作成、債権者などとのやり取りは債務者にとって大きな負担になります。

裁判者でも申し立てを行う場合には、弁護士を利用することがおすすめです

決して安易な手続ではありませんから,申立を行う場合には,なるべく法律の専門家である弁護士に依頼することをお勧めします。

引用:裁判所

司法書士でもサポートを受けられるため、自分に合った方を選ぶのがおすすめです。

個人再生を法律事務所に依頼した時の報酬や手数料を解説

法律事務所を利用した場合の費用を下記の2つの観点から解説します。

※タップすると該当の見出しにジャンプします

法律事務所に払う費用だけを考慮しており、申し立て後に想定外の費用が発生するといったことがないように参考にしてください。

裁判所に払う費用

裁判所に払う費用は個人再生委員の専任の有無により異なり、25,000円程度から275,000円程度です。

項目費用
申立て手数料10,000円
予納郵券2,000円程度
※裁判所・債権者数により異なる
官報公告費13,000円程度
※裁判所により異なる
個人再生委員の報酬
※選任された場合
150,000円〜250,000円程度
※裁判所により異なる

予納郵券は債権者への書類送付などに使う郵便費用を指し、切手で納付します。

官報広告費が官報に個人再生の情報を掲載するための費用です。

法律事務所に払う費用

実際に利用する法律事務所により費用は異なりますが、法律事務所に払う費用は下記が目安になります。

項目費用
着手金300,000円前後
成功報酬200,000円〜300,000円

なお、これらは住宅ローン特則を利用しない場合の費用目安です。

住宅ローン特則とは

正式名称を住宅資金特別条項といい、住宅ローンの債権者だけを個人再生の債権者の対象から外すための手続きです。

住宅ローン債権者は融資と引き換えに家や土地に抵当権を設定します。

抵当権はローンが払われなくなったときに家や土地を競売して代金を回収する権利です。

抵当権があるため債務者が自己破産をすると住宅ローン債権者はいつでも抵当権を行使して不動産を競売にかけることができます。

そこで住宅ローンの債権者だけを債権者の特別扱いしてローンの返済を続けさせてもら話なければなりません。

法律事務所に個人再生を依頼する前に必要な3つ準備

個人再生の申し立てから認可決定までには「半年〜8ヶ月後」の期間が必要になります。

少しでも手続きをスムーズに進めるために必要になるのが下記の3つの準備です。

準備不足で余計な時間がかからないように参考にしましょう。

必要な書類を用意しておく

事前に必要な下記の書類を用意しておくことをおすすめします。

  • 申立書
  • 陳述書
  • 財産目録
  • 債権者一覧表
  • 住民票写し(申立て前3ヶ月以内のもの)
  • 委任状(代理人が申し立てる場合)
  • 収入を証明する書類(給与明細書、源泉徴収票など)
  • 手持ち財産の財産価格証明書
  • 預貯金通帳の写し(過去2年文の収支が分かるもの)
  • 住居に関する書類(所有不動産の評価証明書など)
  • 清算価値チェックシート
  • 可処分所得算出シート(※給与所得者再生を申し立てる場合のみ)
  • 民事再生規則102条記載の書面各1通(住宅資金特別条項を定める場合)

参照:さくら北総法律事務所

ただし個人再生の申し立てに必要な書類は裁判所ごとに異なる場合があります。

上記の必要書類は千葉地方裁判所において必要になる書類です。

また個人再生の申し立てに必要な書類は変更となることがあるため、事前に管轄裁判所へ確認しましょう

現在の収入や資産について明らかにする

個人再生の事前準備として現在の収入や資産について明らかにするのも重要です。

個人再生の申し立ては自身の負債状況・収入・資産などの具体的な状況を伝え、債務問題が個人再生に適するかを確認することから始まります。

現在の収入や資産について把握していないと弁護士も正確な判断ができず、相談が進みません

また相談料が発生する法律事務所を利用する場合、相談に時間がかかることにより高額になる可能性があります。

下記の書類を用意して収入や資産について明らかにしましょう。

収入額を明らかにする書面源泉徴収票 直近2年分
給与明細 直近2〜3か月分
確定申告書 直近2年分
課税証明書・所得証明書
預貯金に関するもの預金通帳のコピー(同居家族のものも必要な場合がある。)
一括記入となっている箇所がある場合や紛失した場合は、取引明細書
自動車に関するもの自動車登録事項証明書
査定書
保険に関するもの保険証券
解約返戻金額証明書
退職金に関するもの退職金額証明書
退職金規定
不動産に関するもの不動産の査定書(持ち家の場合)
固定資産の評価証明書(持ち家の場合)
登記簿(持ち家の場合)
賃貸借契約書(借家に住んでいる場合)
家計に関するもの家計表(直近2か月分)
*家計を同じくする同居の親族の分も含んだもの
事業に関するもの事業収支実績表(直近6か月分)
確定申告書(過去2年分)
貸借対照表・損益計算書(確定申告時に作成したものなどがある場合。申立ての日の前3年以内のもの)
労働協約又は就業規則(あれば)
住宅ローンに関するもの住宅ローンの契約書、保証契約書
償還予定表
参照:弁護士法人デイライト法律事務所

これらの書類は個人再生の手続きにおいても必要となることがあります。

相談費用を支払うための予算を組んでおく

法律事務所では30分5,000円程度の相談料が発生します。

個人再生の最初のステップは自身の具体的な状況を伝え、自身の債務問題が個人再生に適するかを確認することです。

経済的に困窮している方は相談費用を支払うための予算を組んでおき、早く弁護士に相談できるようにしましょう。

個人再生の無料相談を受け付けている法律事務所もあるため、相談費用の準備が難しい場合におすすめです。

個人再生中にやってはいけないこと

個人再生をする際にやってはいけないことについて紹介します。

個人再生を検討している方は、頭に入れておくことが大切です。

虚偽の説明をする

虚偽の説明をすると、申し立てが認められなくなることがあり注意が必要です。

虚偽の説明は、裁判所の信頼を損ない、自身が不利になります。

財産や収入、借入先など必要なことは正直に申告するようにしましょう。

手続きを怠る

手続きを怠ると、再生計画案が認可されない恐れがあります。

具体的には、再生計画書の提出期限を守る、手続き費用を期限までに納入するなど、手続きに必要なことをきっちりと行いましょう。

個人再生の手続きは複雑であるため、弁護士などの専門家の指示をしっかりと聞いて行うことが大切になります。

特定の債権者に返済する

借金を返せなくなった後に、特定の債権者に返済する行為は、偏頗弁済に該当し禁止されています。

偏頗弁済とは、一部の債権者に有利になる行為のことです。

偏頗弁済したことにより返済総額が上がってしまう恐れがあります。

また、そもそも個人再生の申し立て自体が棄却されてしまう可能性があるため、借金を返せなくなった後の動きは、弁護士などの専門家に相談しましょう。

新しく借入をする

借金を返せなくなった後に新たな借入を行うと、個人再生の申し立てが棄却されるおそれがあります。

また、新たな借入をすることで、債権額が確定しないため、個人再生の申し立てがなかなかできず、結果として時間を要すことになってしまいます。

個人再生を成功させるには、新しく借入をしないことが大切です。

履行テストを怠る

履行テストを怠ると、裁判所が個人再生を認可しない可能性が高まるため、注意が必要です。

履行テストとは、次の意味で使われます。

裁判所が個人再生を認めるかの判断材料の一つに、借金を減額すれば、本当に3年から5年分割で残りの借金を返済できるような収入・支出のバランスであるかどうかがあります。

これを、個人再生手続きでは「履行可能性」と呼んでいます。

履行可能性があるかを確かめるために、実際に借金を減額して毎月分割で支払う額以上の積立てができているかどうかテストすることを、履行テストと呼んでいます。

引用元:弁護士による債務整理@大阪 by弁護士法人心 大阪法律事務所

この履行テスト通りの返済を行えないと、再生計画通りの返済が不可能と判断されてしまいます。

そのため、履行テスト通りに返済を行うことが、個人再生を認可してもらうために重要になるのです。

法律事務所に個人再生を依頼する人から寄せられるよくある質問

個人再生に関するよくある質問とその回答を紹介します。

疑問を解決したうえで個人再生に取り組めるように参考にしてください。

借金が800万円あるときに個人再生をするとどうなる?

借金が800万円あるときに個人再生した場合の弁済額は次の通りです。

  • 小規模個人再生の場合:160万円
  • 給与所得者等再生手続の場合:160万円または2年分の可処分所得のうち多い方の金額

小規模個人再生の場合、160万円を3年〜5年かけて返済し、残りの640万円の借金は消えます。

ただしこの金額は清算価値を考慮していません。

清算価値が160万円を超える場合には弁済額が160万円以上になります。

個人再生は訴訟などのリスクはあるの?

個人再生の認可決定が出る前の下記のタイミングで訴訟されるリスクがあります。

  • 個人再生を弁護士に依頼する前
  • 個人再生の申し立て前

1つ目のタイミングが個人再生を弁護士に依頼する前です。

弁護士から個人再生の受任通知を受け取っても、債権者が訴えを取り下げてくれることは稀。

裁判で判決まで進むと差し押さえのリスクが高まるでしょう。

個人再生の申し立てをして再生手続き開始決定が出れば法律的に差し押さえが禁止されます。

早めに弁護士に依頼しましょう。

2つ目のタイミングが弁護士に依頼後、受任通知により支払いを止めて督促も来なくなったタイミングです。

一定期間個人再生の申立てがないと自動的に裁判を起こす会社もあります。

このような運用を行なっている会社としてはSMBCモビット楽天系が有名です。

受任通知には督促を止める効果がありますが、訴訟提起まで禁止することはできません。

弁護士に個人再生の申し立てを早めに進めてもらう必要があります。

個人再生が不認可になったらどうすれば良い?

個人再生が認可されなかった場合には下記の2つの対応が考えられます。

  • 不認可事由を解消して再度個人再生を申し立てる
  • 自己破産を申し立てる

小規模個人再生と給与所得者等再生の成功率はそれぞれ93%98%を超えており、不認可は稀です。

しかし下記のような不認可となる事由が定められており、該当する場合に認可が出ません。

 再生手続又は再生計画が法律の規定に違反し、かつ、その不備を補正することができないものであるとき。ただし、再生手続が法律の規定に違反する場合において、当該違反の程度が軽微であるときは、この限りでない。

 再生計画が遂行される見込みがないとき。

 再生計画の決議が不正の方法によって成立するに至ったとき。

 再生計画の決議が再生債権者の一般の利益に反するとき。

引用:E-GOV法令検索

「浪費やギャンブルにより再生計画が遂行される見込みがないと判断されてしまう」といったケースもあります。

これらの不認可事由を解消して個人再生と再度申し立てるのが1つ目の対応です。

2つ目の対応は自己破産を申し立てること。

しかし自己破産には下記のデメリットがあります。

  • 一定額以上の財産は残せない
  • 一定の資格は手続き中の効力が停止される
  • 借金の原因によっては免責不許可事由に該当しうる

個人再生が不認可とならないためにも、負債状況・収入・資産・家族構成などの具体的な状況を伝え相談したうえで弁護士に依頼しましょう。

自己破産に強い法律事務所についてはこちらの記事にて解説しています。気になる方はチェックしてください。

個人再生は評判の良い法律事務所へ!まずは気軽に相談から始めよう

個人再生は個人再生に強い法律事務所に依頼するのがおすすめです。

「どこに依頼すれば分からない」という方は次の4つのコツを参考に自分に合った法律事務所を選びましょう。

  • 個人再生を含む債務整理に強い法律事務所を選ぶ
  • 司法書士と弁護士はそれぞれメリットあり!自分に合った方を選ぼう
  • 手数料や報酬が予算内でおさまる事務所を探す
  • 登録している弁護士や司法書士の実績をチェックしておこう

本記事で紹介した次の法律事務所では無料相談に対応しているため、まだ個人再生するか決めていない方も次の3つを聞いてみましょう。

  • 自分は個人再生できるか
  • 個人再生したらどれくらい減額できるか
  • 弁護士費用はどれくらいになるか
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次